元旦の昼食 ~高齢者複合施設インテフィール~

インテフィールの元旦の昼食をご紹介します。

おせち料理には一つ一つ意味が込められています。

くわいはピンポン球のような塊茎から突き出た芽を

「芽出たい(めでたい)」として縁起を担いでいます。

棒たらは「たら(鱈)ふく食べられる」と語呂が合わせられ、

「一年間食に困りませんように」と願いが込められて

食される縁起物となったそうです。

縁起物が詰まったおせちを新年の始まりに

召しあがっていただきました。


コメントをどうぞ