ハコネウツギ » ハコネウツギ

ハコネ

ハコネウツギ.

スイカズラ科/日本原産
日本各地の海岸近くに自生する落葉低木であるが、庭園樹として栽培されることもある。花期は5~6月頃で漏斗状の花を咲かせる。咲き始めは白く、次第に赤へと変化していくので、1本の木でたくさんの色花がついているのを楽しむことができる。
名前に箱根がつくが、箱根にはわずかしか自生していない。



コメントをどうぞ